速報性を無視した駄グッズレビュー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画に登場する企業や店のロゴTシャツ
■Last Exit to Nowhere (via:NOT WILD STYLE
ターミネーターとロボコップ
非常に渋いチョイスの映画内企業&ショップロゴTシャツ。ここでリストをズラッと書いてしまってもいいのですが、まずは自分で見てみるのがよろしいかと思います。パッと見てわからなくても、よく見てみると「あー、こんなのあったあった!」といったロゴが目白押しです。

遊星からの物体Xとジョーズ
とはいえさすがにわかりにくいのも多いかな。「時計仕掛けのオレンジ」とか原題を知らないと説明文を読んでも気付かないかも。ちなみに私が購入したのは、

・OCP Tシャツ = 「ロボコップ」で、ロボコップを製造した企業。
・Amity Island Tシャツ = 「ジョーズ」の舞台になった海辺の町。
・Outpost #31 Tシャツ = 「遊星からの物体X」の舞台になった南極基地。
けっこう高くついた…
Tシャツの値段はすべて£17.50(約¥4.150)。海外発送の場合、1枚のみだと送料が£4.00、その後は+1枚につき+£1.00。支払いはPayPalかクレジットカード(Visa/Master)が使えます。
私は3枚購入したため£58.50(¥14,202)になりました。ちと高いな…。でもイギリス系ネット通販としてはこの送料は安いほうです。あ、受け取り時に関税取られるのか…。商品が到着したら追記します。

ちなみに購入したらメールが届いた(自動返信だとは思いますが)のですが、「私たちはホラー/カルトフィクションのユニークなtshirtsを作るための小さな組織です。すべて手作りで大量生産できません。2週間で届きます」とのこと。がんばれマイク、新作を期待しているぞ。

[8/28追記]
8月24日に無事届きました。関税を取られることもなかったので、一枚あたり約¥4.150での購入ということに。3着購入したらサイトのロゴのステッカーが3枚同封されていました。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © monotunes. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。