速報性を無視した駄グッズレビュー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

monotunes今日のニュース

■小学生が設立した仮想アイテム売買会社、グローバルな個人企業トップ250に選出

PlaySpan社は、2006年の設立当時小学校5年生だったアージャン・メータ氏が、オンラインゲームのクエストで手に入れた仮想アイテムを売って得た資金を元に設立した会社。

資本金はRMTで。こういう分野でも日本はかなり遅れてきた気はします。良いのか悪いのかはわかりませんが。

■日本は“創作”、米国は“破壊”――元ソニック開発者が語る両国の違い

多くの日本人は、“創作”や“自分の外見の向上”“貯金”といった行為に安心感を抱きます。欧米ではそういう面はないとは言いませんが、アメリカ人は安心感を得るために、むしろ破壊のプロセスを選ぶ傾向がある

日本は外見の向上も貯金も不安でいっぱい、ということですね。わかります。

■Full Size Drivable Landspeeder and R2D2

SWのランドスピーダーをはじめ、R2D2やらデロリアンやらを1/1スケールで。製作の工程も見られるのでなかなか興味深いです。

■世界の略奪独裁者十傑

虐殺や破壊活動ではなく、いかに搾り取って散財しているかで選ばれた10人のようです。8番目の“Jean-Bedel Bokassa”ボカサ皇帝の戴冠式はスケールが大きすぎて諸説ありますが、

・ナポレオンの戴冠式を真似た

・48時間にも及ぶ式典

・費用は2000万ドル、国家予算の二倍

・100台のリムジン

・130頭の純血種の騎馬と馬車

・120の楽団

・65000本のシャンパン

・王冠に埋め込まれたダイヤは500万ドル分

とのことです。ぜひ映画化を。

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Copyright © monotunes. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。